起業について


インドネシアにおいて起業する場合は、PT(株式会社)、CV(有限会社)、PMA(外国資本株式会社)に別れています。
PTとCVは100%インドネシア人が株主となる会社になります。
PMAは以前は外国人が100%株式を保有できる会社で設立が可能でしたが、去年から業種によってはインドネシア人50%、外国人50%の会社でしか設立ができなくなりました。100%で設立が可能なのは輸出入の会社になります。
PTとPMAの場合は資本金が250,000US$必要となります。

PMAの場合
必要条件及び必要書類:
• 設立会社の名前を最低2つ用意する。
• 会社の主要な事業内容
• 会社の住所
• 起業する方の日本の住所
• 外国人の方のパスポート最低2人のコピー
• 社長と監査役の2名以上の株主が必要


取得可能な許可及び書類:
• 会社定款の作成・公証人要(AKTA-AMJ)
• 公正な大臣による承認
• 会社の営業許可証 (SIUP)
• 会社の所在地
• 会社の納税整理番号(NPWP)を税務署より取得
• 環境上の管理証明書 (UKL / UPL)
• 会社の許可証(TDP)
• 投資調整庁へ投資承認通知書の申請(BKPM)
• 立地許可


PMA取得までの料金は、会社の主要なビジネス及び所在地により異なります。
これにより取得できる許可SIUP(3年間の暫定許可証)は3年間のみ有効です。
3年以内に正式な営業許可証(IUT)を取得する必要があります。
会社設立時に必要なIMB(建築許可)は必ず会社として登録されているものに限ります。
きちんと確認してから物件を購入・賃貸なさってください。



住所 Jl.Danau tempe nomor 91 DPS
0361-7887736,0817-354587  9:00~22:00
  info@himawaribali.com     http://visa-bali.himawaribali.com

ホーム 各種書類 各種ビザ 起業について 注意事項 医療関係 病院・ビザ・不動産用語 お問合せ
Copyright (C) 2009 -  visa-bali All rights reserved